MENU
臨床検査技師100人カイギ紹介ムービー
購読(LINE友達登録)
臨床検査技師100人カイギ 第9回 9月25日 (日)開催!!

中川 裕美さん /臨床検査技師100人カイギ登壇者 第6回

中川 裕美さん(住まい:岡山県)

所属:公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院リバーサイド 臨床検査室

<プロフィール>
広島県江田島の生まれ。小学生のとき父親の転勤で倉敷に引っ越し、それ以来ずっと倉敷在住。小学生のころのあこがれは「少年探偵団」で、今も疑問に対する好奇心だけは衰えていない。岡山大学医学部附属臨床検査技師学校を卒業後、川鉄水島病院に入職。病院が川崎製鉄株式会社(現在のJFEスチール株式会社)から倉敷中央病院に譲渡され、今の病院となるが勤務地に変わりはない。職場をとりまく環境が大きく変化しても「患者の顔もスタッフの顔もわかる病院」で、患者に寄り添う仕事ができることが喜びである。
趣味は吹奏楽。中学から始めたユーフォニアムを高校、社会人吹奏楽団で続けてきた。子育てで中断したが、10数年前から地元の同年代のかつての仲間が集まって吹奏楽を再開。1年に1度の定期演奏会の他、病院や高齢者施設、小学校などへの演奏に行くなど、地域に愛されるローカルバンドを目標に活動をしている。「いくつになっても青春じゃけ~」がモットーである。
〇技師関係の資格
日本糖尿病療養指導士、上級健康食品管理士、認定一般検査技師、循環器病予防療養指導士、 認定POCコーディネーター、医療技術部門管理資格
〇公職・委員歴等
岡山大学医学部保健学科 非常勤講師、岡山県立大学糖尿病認定看護師教育センター 非常勤講師、ノートルダム清心女子大学 人間生活学部 食品栄養学科 特別講師
岡山県臨床検査技師会 常務理事(総務・学術・広報を担当し、技師会活動のすべて経験)、岡山県医師会精度管理委員会 実行委員、健康食品管理士協会 幹事、NPO岡山生活習慣病啓発機構 理事、日本糖尿病療養指導士認定機構 委員・理事、おかやま糖尿病サポーター認定委員会 委員、日本高血圧学会 委員
〇参加者への一言メッセージ
「Theおばちゃん」と言われても当然のごとく好奇心いっぱい。おしゃべりも大好き。多くの人との出会いが今の自分を支えてくれていると感じている。時には、人間関係に悩み理不尽じゃと思うことも、課せられたことが難しすぎじゃろと思うこともある。でも愚痴を聞いて笑い飛ばしつつ、アドバイスしてくれる仲間に感謝している。若い人には、仕事以上に仲間作りをおすすめしたい!!

臨床検査技師100人カイギ 登壇回:第6回

登壇者にご質問がある方は、コメント欄をお使いください。

  

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KENSA.wikiの管理者 兼 臨床検査技師100人カイギの発起人。臨床検査技師免許取得後、製薬関連企業に就職。その後、海外留学、大学院進学、コンサルティングファーム、大手医療法人の経営戦略・政策責任者を経て、医療経営と医療政策を軸にしたシンクタンクを起業、現在に至る。日本臨床衛生検査技師会の認定資格制度「医療技術部門管理資格」の企画・運営に従事し、大学では非常勤講師として医療リスクマネジメントを教える。専門は医療経営、医療政策、医療ITなど
https://twitter.com/kambetsubasa

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる