MENU
臨床検査技師100人カイギ紹介ムービー
カテゴリー
購読(LINE友達登録)
クラウドファンディング実施中!!(1/8-3/3)

クラファン支援者のお得情報と「認定臨床検査技師キャリアアドバイザー」の新設予定について

現在、臨床検査×わくわくプロジェクトでは、「ボードゲーム型キャリアデザイン講座『臨床検査技師キャリアはわくわくが一杯』」というボードゲーム制作に向けて、クラウドファンディングを実施しています。

その中では、1万円以上のリターン(支援者への返礼品)として「プロジェクト報告会」が設定されており、その概要についてお知らせいたします。

内容お読みいただき、ご興味がありましたら、是非ご支援のほどよろしくお願いいたします。

このページの内容

「プロジェクト報告会」は、認定臨床検査技師キャリアアドバイザー(新設予定)の研修講義を兼ね、無料で受講できます。

技師キャリアデザインボードゲームプロジェクトでは、臨床検査技師のキャリアアドバイス機能について、より実現性の高いものとするため、「認定臨床検査技師キャリアアドバイザー」の新設に向けて準備をしています。本資格の詳細については後述をご覧ください。

1万円以上のご支援者様のお得情報

1万円以上のご支援をいただいた方については、プロジェクト報告会で実施される臨床検査技師キャリアアドバイザー研修の講義no3「ボードゲームのルールと遊び方」を無料受講いただけます。本講義では、実際に完成したボードゲームを遊んでいただきながら、ボードゲームの利用方法を学び、これからの技師のキャリアを考えていただく内容となっています。

また、上記no3のみだけでなく、no1-9までの全てのオンライン講義について、後日無料受講が可能です。

加えて、「認定臨床検査技師キャリアアドバイザー」の取得を希望される方は、必要書類と共に申請することで追加費用なく資格取得、及びボードゲーム1箱無料進呈等の認定取得者特権を受けることができます。

尚、2025年度以降については、通常通り受講料10,000円、登録料10,000円となりますので、この機会にお申し込みください。

<1万円以上の支援者メリット>
・臨床検査技師キャリアアドバイザー研修を無料で受講可能(全9講義、675分相当)
・希望者は、必要書類と共に申請することで無料で認定臨床検査技師キャリアアドバイザーを取得可能
・仮に、認定臨床検査技師キャリアアドバイザーとなった場合は、下記特典が受けられます
 ①認定証の発行
 ②ボードゲーム1箱無料進呈(自身用)
 ③ボードゲーム型キャリアデザイン講座実施の際のボードゲーム無料貸与
 ④アドバイザーコミュニティ(LINE WORKS)へのアクセス権 (※)
 ⑤全アドバイザーとのLINE WORKSを介したコミュニケーション 他(※)
 ⑥全アドバイザーの「自身のストーリーと想いの10分プレゼン」のアクセス権
 ⑦技師キャリアアドバイザー研修の無料再受講(オンデマンド視聴可)
 ⑧認定者向け研修会の無料受講(オンデマンド視聴可)
 ⑨臨床検査技師キャリアデザイン全国大会の参加権(オンデマンド視聴可)

※特典については、プロジェクトの実効性の観点から今後変更となる可能性もございます。

※プロジェクト報告会は、2024年5月開催の日本医学検査学会のタイミングでの実施に向けて企画を進めておりますが、変更の可能性がございます。尚、10,000円以上のご支援者様のうち、ご自身の都合にて本プロジェクト報告会にリアル参加が難しく、一方で認定資格を取得したいため、臨床検査技師キャリアアドバイザー研修の講義no3「ボードゲームのルールと遊び方」を後日受講したい方については、別日程・東京会場にて本年中に1回開催を予定しております。その際にご参加ください。

※プロジェクト報告会及び臨床検査技師キャリアアドバイザー研修のリアル参加に伴う、移動費及び宿泊費等は負担いたしかねます。ご了承ください。

認定臨床検査技師キャリアアドバイザーについて

1.臨床検査技師キャリアアドバイザーとは

キャリアデザインボードゲーム「臨床検査技師キャリアはわくわくが一杯(略称りんわく)」を活用し、キャリアデザイン講座を企画・運営する能力を持ち、将来を担う技師学生や若手技師、及びキャリアを模索する現役技師に向けて、助言、コンサルテーション及びコーチングを実施できる者。

技師キャリアアドバイザー研修を修了後、申請した者へ付与する民間資格。

正式名称:認定臨床検査技師キャリアアドバイザー

2.臨床検査技師キャリアアドバイザー研修について

<目的>
臨床検査技師のキャリアに関連して、助言、コンサルテーション及びコーチングをするために必要と考えられる知識及びスキルを取得するために実施する。なお、全ての研修内容を受講した者へは研修修了証を発行する。

<臨床検査技師キャリアアドバイザーとして求められる知識とスキル>
キャリアデザインの基礎的知識、人材育成及びコーチングの基礎的知識、ワークショップのファシリテーション能力、ボードゲームを用いたゲーミフィケーション及び行動経済学の理解、ボードゲーム「りんわく」のルールの精通、「りんわく」に登場する8つのカテゴリー(外部環境、学校、専門性、学術活動、職業、役職、体質、ライフイベント)の実情把握、アドバイスに必要な情報収集力、アドバイザー間のコミュニケーション能力、SNS・ブログ等を活用した発信力など

<受講料>
10,000円 (★クラファン10,000円以上の支援者は「受講料」無料)

3.研修カリキュラム(案)

講義no分類講義名講師時間数備考
基礎編キャリアデザインの基礎神戸翼ほか90分オンデマンド
基礎編コーチングの基礎未定90分オンデマンド
実践編ボードゲームのルールと遊び方神戸翼180分リアル
実践編カードの理解「外部環境・イベント 編」神戸翼45分オンデマンド
実践編カードの理解「学校・学術活動・専門性 編」神戸翼ほか45分オンデマンド
実践編カードの理解「職業・役職・体質 編」神戸翼ほか45分オンデマンド
応用編キャリアデザインワークショップ企画・運営神戸翼90分オンラインリアルタイム
応用編アドバイザーコミュニティの活用とSNS運用神戸翼45分オンデマンド
番外編資格更新、認定者向け研修会、全国大会について神戸翼45分オンデマンド
合計675分(11.25時間)

※プログラムは変更の可能性があります。

講師について

神戸翼  臨床検査技師/永生総合研究所所長/臨床検査技師100人カイギ発起人代表/臨床検査×わくわくプロジェクト代表/技師キャリアデザインボードゲームプロジェクト責任者

<プロフィール>
臨床検査技師免許取得後、製薬関連企業に就職し治験業務に従事。その後、カナダへの海外留学、国内ビジネススクールを経て、慶應義塾大学大学院で医療マネジメントを専攻(Master of Healthcare Management)。在学中にはコンサルティングファームで働きつつ、大学院のメンバーと患者向けスマホアプリの開発・運営を行うソーシャルベンチャーを立ち上げる。卒業後は慶應義塾大学SFC研究所上席所員や大手医療法人の経営戦略・政策責任者を経て、医療経営と医療政策を軸にしたシンクタンクを起業し現在に至る。直近では早稲田大学公共経営大学院で公共政策や政治・経済、行政学を修め(Mater of Public Management)、2017-2021年まで与党国会議員の政策顧問として国会対応にも従事した。日本臨床衛生検査技師会では、認定資格制度「医療技術部門管理資格認定」および「医療管理者資格認定」の企画・運営に従事し審議会委員長を務める。また、2022年1月より2023年8月までの計20ヶ月毎月、臨床検査技師の生き方や働き方を学ぶ場として「臨床検査技師100人カイギ」を立ち上げ開催するなど、臨床検査技師のキャリア構築と多様性の広がりにも力を注いでいる。その他、医師会や病院団体の活動にも専門委員として従事。大学では非常勤講師として医療リスクマネジメント(医療安全など)を教える。専門は医療経営、医療政策、医療IT、デジタルヘルス、政治・行政、地方自治など。趣味は多拠点生活・田舎暮らしで、これまで檜原村や熱海市、八丈島などで実践してきた。

4.申請と認定基準

申請には登録料の支払いと下記書類等の提出が必要です。

①研修修了証の写し
②自身のストーリーと想いの10分間プレゼン(映像ファイルを提出)
③臨床検査技師キャリアアドバイザーとしての誓約書
④登録料10,000円の支払い証明書類の写し
(★クラファン10,000円以上の支援者は「登録料」も無料)

自身のストーリーと想いの10分間プレゼンについて

過去開催された臨床検査技師100人カイギでの登壇者動画をご参考ください。同様のテーマを取り上げたプレゼンとなっております。自身のこれまでのストーリーと現在心に懐く想いを語っていただきます。

尚、本映像はアドバイザー同士でオンデマンド共有されます。また、学生及び若手技師向けのキャリアデザイン講座の際に、試聴を促すことが想定されますので、ご理解ください。

参考映像

臨床検査技師キャリアアドバイザーとしての誓約書

内容については、現在検討中です。

認定の基準

<認定基準>
原則、上記①②③④を提出した全ての者を認定します。

5.認定取得者の特権

認定を取得した者へは下記特典を付与する。

①認定証の発行
②ボードゲーム1箱無料進呈(自身用)
③ボードゲーム型キャリアデザイン講座実施の際のボードゲーム無料貸与
④アドバイザーコミュニティ(LINE WORKS)へのアクセス権 (※)
⑤全アドバイザーとのLINE WORKSを介したコミュニケーション 他(※)
⑥全アドバイザーの「自身のストーリーと想いの10分プレゼン」のアクセス権
⑦技師キャリアアドバイザー研修の無料再受講(オンデマンド視聴可)
⑧認定者向け研修会の無料受講(オンデマンド視聴可)
⑨臨床検査技師キャリアデザイン全国大会の参加権(オンデマンド視聴可)

アドバイザーコミュニティ(LINE WORKS:https://line-works.com/)について

認定者の特権として、認定者はアドバイザーコミュニティにアクセスすることができます。本コミュニティは、LINE社が提供するLINE WORKS(年額7,000円相当/人)というビジネスチャットツールを活用した、認定者クローズドなコミュニケーションプラットフォームとしての利用を想定しています。

主に個別トーク、グループトーク、掲示板、カレンダー共有、タスク共有、アンケート、動画共有・オンデマンド視聴などの機能が利用できるため、アドバイザー間での情報交換や相談、助言、コンサルテーション、コーチング、協働などが促進されます。また、上記機能を使って、メンバーへの効果的な情報発信や講座実施のための仲間集めも可能です。

アドバイザーとして活動する中で1人では対処が難しい場合には、是非、グループや仲間同士で方法を考えるなど、ご活用ください。

6.資格の更新

更新には下記書類の提出が必要です。

①年会費10,000円の支払い証明書類の写し

また、アドバイザーコミュニティ(LINE WORKS)での、研修受講も含む活動報告や情報発信を年1回以上行っていることを更新条件とします。尚、活動状況は更新のタイミングにて事務局がLINE WORKS経由で確認しますが、特段活動が行われていないと判断された場合は、更新ができない場合があります。

7.その他

認定者向け研修会及び臨床検査技師キャリアデザイン全国大会への非認定者の参加について

認定者向け研修会及び臨床検査技師キャリアデザイン全国大会の主な対象者は、認定者となります。ただ、非認定者において興味がある者については参加を認めます。参加費は下記の通りです。

<参加費>(今後変更の可能性があります。)
・認定者向け研修会:認定者 0円、非認定者 3,000円
・臨床検査技師キャリアデザイン全国大会:認定者 5,000円、非認定者 10,000円

8.今後の予定

2024.3 クラウドファンディング終了、ボードゲーム25箱の完成
2024.4 岐阜医療科学大学にてボードゲーム型キャリアデザイン講座の試験運用実施(約90名の学生対象)
2024.5 クラウドファンディング報告会 兼 臨床検査技師キャリアアドバイザー研修(リアル開催の1講義分のみ)の実施(※日本医学検査学会のタイミングにて企画を進めていますが、変更の可能性があります。)
2024.夏〜秋 認定制度の開始(アドバイザーコミュニティの開始)

認定臨床検査技師キャリアアドバイザーについての資料DL

プロジェクトを改めて確認したい方は下記もご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KENSA.wikiの管理者 兼 臨床検査技師100人カイギの発起人。臨床検査技師免許取得後、製薬関連企業に就職。その後、海外留学、大学院進学、コンサルティングファーム、大手医療法人の経営戦略・政策責任者を経て、医療経営と医療政策を軸にしたシンクタンクを起業、現在に至る。日本臨床衛生検査技師会の認定資格制度「医療技術部門管理資格」の企画・運営に従事し、大学では非常勤講師として医療リスクマネジメントを教える。専門は医療経営、医療政策、医療ITなど
https://twitter.com/kambetsubasa

コメント

コメントする

このページの内容
閉じる