MENU
臨床検査技師100人カイギ紹介ムービー
カテゴリー
購読(LINE友達登録)
クラウドファンディング実施中!!(1/8-3/3)

ゲーム説明・遊び方

<更新>
・2023.12.24 作成

このページの内容

ゲームの概要

  • ゲームタイトル:臨床検査技師キャリアはわくわくが一杯(通称:りんわくボード)
  • ゲームの種類:キャリア戦略ゲーム
  • プレイヤー人数:2~4人
  • 対象者:臨床検査技師に興味のある方
  • 平均所要時間:30分~120分
  • 用具のリスト:メインボード、個人ボード、カード(136種)、ストーン(3種)、年数ピン
  • ゲームの目的:臨床検査技師としてキャリア形成をする中で、健康ストーン、お金ストーン、信頼・繋がりストーンを集めて、自身のウェルビーイング(幸福度)の向上を目指す。
  • ゲームの準備:メインボードに山札および各種ストーンを配置し、経験年数の「1」に年数ピンを設置する。個人ボードを各プレイヤーへ配布し、健康ストーンをMAXまで設置する。
  • ゲームの進行:1年経過する度にプレイヤーは順番に山札より1枚カードを引き手札に加える。また、手札の中から自由に自身の個人ボードへ配置し、キャリア形成を行っていく。尚、1年目のみカードは5枚引き、次年度からは1枚ずつ引く。
  • ゲームの終了条件:あらかじめ決めておいた経験年数が経った時、終了とする。
  • 勝者の決め方:健康ストーン、お金ストーン、信頼・繋がりストーンをそれぞれ一番集めたプレイヤーを各領域の勝者とする。加えて、ウェルビーイング換算表を用いて、ウェルビーイング(幸福度)が最も高かったプレイヤーを総合勝者とする。

ゲーム用具のリスト

メインボード×1枚

個人ボード×4枚

カード×200枚

裏面
表面

ストーン(3種)×60個

健康ストーン
お金ストーン
信頼ストーン

※尚、お金ストーンのみ、裏面が異なったデザインとなっており、「借金」をした場合に裏面を用います。

年数ピン×2個

説明書×1枚

箱×1箱

ゲームの準備

STEP
メインボードと個人ボードの配布
  1. 「メインボード」を全プレイヤーの真ん中に配置する。
  2. 「個人ボード」を各プレイヤーに配布し、自身の前に配置する。
STEP
メインボードの準備
  1. メインボードに「カード」を配置して山札を2つ作る。
    (山札が倒れそうな場合は4つに分けても良い)
  2. 3種類の「ストーン」を配置する。
  3. メインボード真ん中の経験年数の「1」に「年数ピン」を設置する。
  4. 終了年数(終了ターン)を決め、「終了予定の年数」にもう1つの「年数ピン」を設置する。
STEP
個人ボードの準備
  1. 「健康ストーン」を自身の個人ボードに10個設置する。

※easyモードで実施する場合は、あらたかじめ「体質カード(2種)」を各プレイヤーに配布する。

ゲームの進行

STEP
1年目(1ターン目)
  1. じゃんけんなどで親を決めて、親からスタートする。
  2. 右回りで順番に、山札より「5枚ずつカード」を引き手札にする。
  3. 手札より個人ボードへ自由に配置し、キャリア形成を行う。
    <配置のポイント>
    ①カードによって「配置条件」があるため注意する。
    ②カードの配置操作は何枚でも可能。
    ③カードを配置する際は、できるだけカード名を読み上げてながら配置する。
    ④既に配置されているカードの上にカードを重ねることで、下のカードは効果を失い、新たに配置したカードが効果を発揮する。ただ、重ねる場合は、2枚以上をいっぺんに重ねることはできず、1箇所あたり1年に1枚ずつ重ねるルールとする。

    ※始めてゲームを行うなど慣れていない場合は、1年目のカードの配置は、参加プレイヤー同士で相談しながら行うことを推奨します。
  4. 配置したカードの効果に応じて、ストーンをメインボードから取得または返還する。
  5. プレイヤー全員が配置完了したら1年目終了。2年目に入る。
STEP
2年目(2ターン目)以降
  1. 年数ピンを次の年に移動する。(2→3→4・・・と毎年移動させる)
    ★職業カードなど、1年毎にストーンを取得または返還する必要があるプレイヤーは、このタイミングで、ストーンを取得または返還する。
  2. 順番に、山札より「1枚のカード」を引き手札にする。
  3. 手札より個人ボードへ自由に配置し、キャリア形成を行う。
    ※尚、カードによっては、「配置条件」があるため注意する。
  4. 配置したカードの効果に応じて、ストーンをメインボードから取得または返還する。
  5. プレイヤー全員が配置完了したら、次の年に入る。

※以降、終了予定の年数まで、これを繰り返す。

STEP
こんな場合どうする?(要チェック!)
健康ストーンがゼロの状態で、効果「健康ストーンがマイナス」が出た場合は?

2つのことが起きます。1つは体質カードを配置している場合にそれが強制的に破棄されます。もう1つは、健康ストーンの代わりにお金ストーンが同数だけ消費されます。

お金ストーンがゼロの状態で、効果「お金ストーンがマイナス」が出た場合は?

お金ストーンの裏面は、借金の記載になっており、メインボードよりお金ストーンを取得し、裏面にした状態で個人ボードへ配置します。

是非、下記ルールも追加して遊んでみてください。

Add
追加ルール1「同期との年1情報交換」

1年終了毎に、全プレイヤーそれぞれが手札の内の不要カード1枚について情報共有する(不要カードがない場合は「ないこと」を共有する)。その際に、もし他のプレイヤーの不要カードに自身がほしいカードがあった場合は、信頼ストーン1個をメインボードへ返還することで、そのカードをもらい受けることができる。尚、不要カードを渡したプレイヤーは、山札より新たな1枚を引くことができる。

Add
追加ルール2「同期との同窓会の開催」

5年終了毎に同窓会を開催して、自身の現在の職業をプレイヤー間で共有し、健康・お金・信頼の各ストーンにおいて一番多かった人を表彰する。表彰された人は、山札より新たに3枚を引くことができる。

ゲームの終了と勝利条件

ゲームの終了

あらかじめ決めておいた「経験年数」が経った時、終了とする。

勝利条件

経験年数が経ち、終了したタイミングにて、ストーンの数に応じて勝者が決まる。

尚、独自の勝利条件を創作して、ゲームを行うのも楽しいです。是非、お試しください。

健康的な活き活きキャリア1位

健康ストーンを一番集めたプレイヤーが「健康的な活き活きキャリア」の称号を得ることができます。

お金たんまりキャリア1位

お金ストーンを一番集めたプレイヤーが「お金たんまりキャリア」の称号を得ることができます。

信頼と仲間充実キャリア1位

信頼ストーンを一番集めたプレイヤーが「信頼と仲間充実キャリア」の称号を得ることができます。

ウェルビーイングなキャリア(総合勝者)

すべてのストーンの総計が最も多かったプレイヤーが「ウェルビーイングなキャリア(総合勝者)」の称号を得ることができます。

※注:健康ストーン、信頼ストーンは10個以上計上できますが、お金ストーンは最大10個までしか計上できません。

ゲーム終了後は振り返りの時間をつくる

このボードゲームは、キャリアデザイン研修での利用を想定し開発したため、ゲーム実施後に各グループ・プレイヤー毎のキャリアを振り返る時間を設けることを推奨しています。

<振り返りの例>
例1)「ウェルビーイングなキャリア」の称号を得たプレイヤーが、どのようなキャリアを形成したのかを全体で共有する。
例2)深堀したいプレイヤーのキャリアについて、職業はどのような職業だったか、役職は何か、副業・兼業はしていたか、技師会には入っていたか、学校や学術活動はしていたか、専門性は何か、などを共有し、教員やファシリテーター(社会人技師)より説明を行う。
例3)各カードについて、プレイヤー自身がインターネットなどで詳細を調べる。
例4)気になった職業や専門性について、臨床検査技師100人カイギの動画を視聴してキャリアについて学ぶ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KENSA.wikiの管理者 兼 臨床検査技師100人カイギの発起人。臨床検査技師免許取得後、製薬関連企業に就職。その後、海外留学、大学院進学、コンサルティングファーム、大手医療法人の経営戦略・政策責任者を経て、医療経営と医療政策を軸にしたシンクタンクを起業、現在に至る。日本臨床衛生検査技師会の認定資格制度「医療技術部門管理資格」の企画・運営に従事し、大学では非常勤講師として医療リスクマネジメントを教える。専門は医療経営、医療政策、医療ITなど
https://twitter.com/kambetsubasa

コメント

コメントする

このページの内容
閉じる