MENU
臨床検査技師100人カイギ紹介ムービー
購読(LINE友達登録)
臨床検査技師100人カイギ 第13回 1月22日 (日)開催!!

佐々木淳さん /臨床検査技師100人カイギ登壇者 第12回

佐々木 淳さん(住まい:北海道)

所属:市立函館病院 医療安全管理室・主査   

<プロフィール>
1974年生まれ。北海道上磯町(現北斗市)出身。国家試験の失敗・就職難民(一時期介護職)を経て、1999年2月に市立函館病院に臨時職員として拾われ、その後2001年4月に正職員として入職。生理・血液・生化学・免疫の担当を経て2006年1月から輸血部門へ。3度目の挑戦で2009年に認定輸血検査技師に合格。実母のお言葉「アンタはまず一回で受からない人だ(大学進学・国家試験・認定試験)」。輸血業務と並行して2011年4月より院内医療安全メンバーとなり、医療安全活動を開始。同年12月には医療安全管理者養成研修を受講する。一時期5S活動に熱中し過ぎて院内の一部で嫌われる。2020年4月、専従医療安全管理者として医療安全管理室に異動。医療安全の面白さ・楽しさ・難しさ・辛さ・忙しさを実感しながら精進の日々。幸い様々な院内活動を通じて沢山の知り合いスタッフがおり、気軽に話しや相談が出来る土壌を形成出来たのは、あの日先輩技師から頂いた言葉があったからなのです。医療安全はコミュニケーション♪趣味は娘二人の吹奏楽活動のサポート。たて笛も吹けない吹奏楽大好きオジサン♪♪
〇技師関係の資格
臨床検査技師、認定輸血検査技師
〇公職・委員歴等
北海道臨床衛生検査技師会地区理事、道南臨床衛生検査技師会会長、全日本自治団体労働組合衛生医療評議会副議長、市立函館病院労働組合執行委員長、北海道北斗市立上磯中学校吹奏楽部保護者会長、NJBほくとウインドオーケストラ副団長
〇参加者への一言メッセージ
検査室を飛び出した検査をしない検査技師。臨床検査業務を経験したからこそ分かった、自分に合った業務。こんな検査技師も居るのよ、をご案内いたします。

臨床検査技師100人カイギ 登壇回:第12回

登壇者にご質問がある方は、コメント欄をお使いください

  

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KENSA.wikiの管理者 兼 臨床検査技師100人カイギの発起人。臨床検査技師免許取得後、製薬関連企業に就職。その後、海外留学、大学院進学、コンサルティングファーム、大手医療法人の経営戦略・政策責任者を経て、医療経営と医療政策を軸にしたシンクタンクを起業、現在に至る。日本臨床衛生検査技師会の認定資格制度「医療技術部門管理資格」の企画・運営に従事し、大学では非常勤講師として医療リスクマネジメントを教える。専門は医療経営、医療政策、医療ITなど
https://twitter.com/kambetsubasa

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる