MENU
臨床検査技師100人カイギ紹介ムービー
購読(LINE友達登録)
臨床検査技師100人カイギ 第9回 9月25日 (日)開催!!

北川 大輔さん /臨床検査技師100人カイギ登壇者 第5回

北川 大輔さん(住まい:奈良県)
所属:地方独立行政法人 奈良県立病院機構 奈良県総合医療センター 臨床検査部 係長

<プロフィール>
奈良県出身。33歳。天理高校、日本医療学院臨床検査技師学科を経て奈良県総合医療センター(旧奈良県立奈良病院)へ就職。30歳までに認定臨床一般検査技師、細胞検査士(CT)、認定臨床微生物検査技師、二級臨床検査士(微生物学)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)を取得。その間、患者医療や臨床検査に対するリサーチマインド力(探究心)を育ませていただき、奈良県立医科大学微生物感染症学講座に大学院生として在籍。研究活動を行いながら、現在は感染微生物検査・尿一般検査部門の係長として日々の業務に取り組んでいる。所属学会は、日本臨床衛生検査技師会、日本臨床細胞学会、日本臨床微生物学会、日本感染症学会、欧州臨床微生物感染症学会(ESCMID)。趣味としてスポーツは全般大好きで、学生時代は野球以外のことは考えていないくらい野球一筋の野球ヤローでした。
〇技師関係の仕事
認定臨床一般検査技師、細胞検査士(CT)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)、認定臨床微生物検査技師、二級臨床検査士(微生物学)
〇公職・委員歴等
奈良県臨床衛生検査技師会 理事、奈良県臨床衛生検査技師会 一般検査研究班 部門長、奈良県臨床衛生検査技師会 微生物検査研究班 分野委員
〇参加者への一言メッセージ
この度は、このような場で登壇の機会をいただき誠にありがとうございます。私はこの臨床検査技師としての社会生活の中で多くの先輩方からの教えと支えによって活動をさせていただいています。その教えの中で、私が大切にしているのはリサーチマインドと競争心です。どの社会においても大切であるとは思いますが、今回は臨床検査技師としての私の学んだことや経験をお話しさせていただければと思います。私のような若輩者の経験が皆様のお役に立てるかわかりませんが何卒よろしくお願い致します。

臨床検査技師100人カイギ 登壇回:第5回

登壇者にご質問がある方は、コメント欄をお使いください。

  

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KENSA.wikiの管理者 兼 臨床検査技師100人カイギの発起人。臨床検査技師免許取得後、製薬関連企業に就職。その後、海外留学、大学院進学、コンサルティングファーム、大手医療法人の経営戦略・政策責任者を経て、医療経営と医療政策を軸にしたシンクタンクを起業、現在に至る。日本臨床衛生検査技師会の認定資格制度「医療技術部門管理資格」の企画・運営に従事し、大学では非常勤講師として医療リスクマネジメントを教える。専門は医療経営、医療政策、医療ITなど
https://twitter.com/kambetsubasa

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる